東ティモールまでの道のり

こんにちは

実はいま東ティモールに来ています!
そこでぜひ東ティモールに行ってみたいという方に参考にしてもらえるように、東ティモールまでの行き方について紹介していきたいと思います!
まず日本から東ティモールに行くには、主に2つのルートがあります。
シンガポール経由とインドネシアのバリ島経由です。
私は今回で3回目の東ティモールですが、シンガポール経由では行ったことがないので、インドネシア経由のパターンについて説明します!
まずは日本からバリ島のデンパサールまで行きます✈️
デンパサールまでは様々な航空会社の飛行機がありますが、今回私たちは学生の貧乏旅行なので、1番安かったチケットを取りました。
関西空港から中国の広州で乗り換え、デンパサールまでというルートです。
そして今回の旅ではまさかの広州でトランジットのため7時間待ち!
中国南方航空のチケットを取りました。
中国経由は安いのですが、体の負担は大きいです(笑)
ざっくりとですが
関空✈️⇨広州→4時間
広州でトランジット→7時間
広州✈️⇨デンパサール→5時間
というスケジュールでした。
日本を出たのは朝の9時頃でしたが、デンパサールに着いた頃には夜中の0時過ぎでした。
これほど安さにこだわらないのであれば、ガルーダインドネシアのデンパサールまで直行便にすると夜ごはん前ぐらいにはデンパサールに着いてゆっくりできます。
2日目にやっと東ティモールに到着です!
デンパサールから東ティモールまでは、1日に2便ほどでています。
どちらも朝に出発して、昼過ぎにはティモールに着きます。
デンパサールから東ティモールまでは約2時間のフライトです✈️
NAM AIR(ナムエアー)とSRIWIJAYA AIR(スリウィジャヤエアー)の2便がでていますが、どちらも同じ会社のようです。
今回、私たちはSRIWIJAYA AIRを使いました。
{0E0ABDFE-41C7-47E1-904B-CE37393102D8}

↑東ティモールの空港にて

私の記憶の中では2年ほど前にはじめて、来た時の機体と比べるととても立派になっているように思います。✈️
ちなみに航空券だけでかかった費用は往復約6万円でした。
もう少しグレードアップすると8万円ほどになるかと思います。
ということで、今回は東ティモールまでの行き方について紹介しました!
長くなってしまってすみません。
分かりにくいところなどあれば、コメントの方にお願い致します!
これからも東ティモールの旅について、バンバン更新していきたいと思います!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中