東ティモールの交通手段🚕

投稿日:

 こんにちは🌞

昨日のブログを書いていて気づいたのですが、そういえばティモールの交通手段についてちゃんと書いたことがありませんでした!

というわけで、今日は東ティモールにおける交通手段とその特徴を私が分かる範囲で紹介します。

交通手段安全度ランキング(私のイメージ)

  1. ブルータクシー
  2. イエロータクシー
  3. ミクロレット

個人的にはこの順番だと思います。

  • ブルータクシー

ブルータクシーはかなり最近導入されたもので、安心のメータータクシーです。

日本と同じように走った距離で、値段が決まります。

料金でもめることもないので、初心者でも安心だと思います。

またブルータクシーには電話番号があるので、電話で迎えにきてもらうことも可能です。

そして英語が喋れる割合が少し(?)高いと思います。(根拠はない)

ほかのふたつに比べ、台数が少ないため、遭遇する確率は高くありません。

  • イエロータクシー

イエロータクシーは恐らく個人のタクシー達です。

基本的にガラスが割れてたり、デコレーションされているものが多いです。

運転手さんは基本的にテトゥン語しか喋れないので、ハードルが少し高くなります。

ブルータクシーに比べて安全性は低いので、夜に1人では乗らないほうがいいと聞きました。

そして1番の難点が、メーターがないので値段交渉が必要だということです。

基本的には乗る前に、行きたい場所を伝え、先に値段交渉をしてから乗らないとぼったくられる可能性があります。

私は値段交渉をいつも忘れてしまうので、時々やらかしてしまいます。

空港など遠くに行かない場合は、基本的に3ドルほどで行けます。遠くに行く場合は、人によってはブルータクシーよりも安く移動できます!

  • ミクロレット


現地の人達の足は基本的にミクロレットです。日本でいうバスのようなもので、番号によって行き先が決まっています。

バス停などは基本的にないので、降りたいところで運転手さんに合図をし、好きな場所で降りていきます。

乗るときも適当な場所から乗れます。

1番の特徴は3つの中で1番安いことです。

基本的には25セントで料金は統一になっています。

ミクロレットは常に車内で音楽がガンガンかかっていて、信じられないほどのデコレーションがされています(笑)

また日本ではありえないぐらいの人口密度で走行するので、環境としては地獄です(笑)

ミクロレットの安全性はいろいろ説がありますが、現地人がたくさん乗っているので、スリなどに合わないように気をつける必要があります。

カバンは自分の膝において手でおさえておいたり、ケータイは出さないようにする、サイフを堂々と広げないなどです。

1番ローカルな乗り物なので、興味がある方は是非乗ってみてください!

フィリピンのジプニーに似ているかなーと個人的には思います。


夜になると、こんな感じで不気味に光る謎のカスタマイズをしてるミクロレットもあります(笑)


友達のミクロレット写真です(笑)

これは助手席の前のガラス面の写真なのですが、それも分からないぐらい全面が埋め尽くされています(笑)


名前は忘れましたが、ミクロレットと似た感じの乗り物で、こんなのもあります。
というわけで、今日は東ティモールの交通手段について紹介しました!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中