「戦争はダメ」

投稿日:

21日にエゴ・レモスさんが言っていた印象的な言葉をひとつ。

Funu la diak.

戦争は良くない。

「戦争は1番力のない人を最初に犠牲にする」

戦争を始めるのは権力を持った国のトップ達。

それなのに、犠牲になるのはエゴの言う通り、力を持たない人々。

実際に手を下すのも、力を持たない下級兵士達。
東ティモールではたくさんの市民が日本などの大国の都合の良いように、お金のために殺されました。

そしてスハルト体制の中、何も知らないインドネシア兵達が東ティモールに送り込まれ、東ティモールに侵攻しました。

上からの命令に従い、たくさんの人の命を奪った。
侵攻された東ティモールの人々はもちろん、侵攻していた下級兵士達も被害者であり、間違いなく「力のない人々」でありました。
戦争を始めた責任のない人達が犠牲になる。

こんなに悲しいことはありません。
また「自分たちが子供の頃に経験したことを、自分の子ども達に経験させたくない」と語る彼らの訴えを決して、無視してはいけないと強く感じました。

Funu la diak.

こんなに力強い言葉を聞いたのはひさしぶりで、ドキッとしました。

教育の面でも、政治の面でも、「未来は明るい」とは言い難い状況が続く日本。

そんな日本に暮らす私たちに対する東ティモールからの力強いメッセージのような気がしてなりません。

私たちの生活が地球のどこかに暮らす、か弱い人々の命を奪っていないか。

私の決断は私だけのものではない、ということを意識していかなけばいけないと改めて思いました。


Funu la diak.

Ita hadomi dame.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中