住所がない国、東ティモール!

ブログ引っ越し後初のブログです!

これからもよろしくお願いします。

今日は東ティモールのちょっと困ったシステムについて書きたいと思います。

題名で分かると思いますが、東ティモールには住所というものがありません!

 

日本では基本的にそれぞれの場所、施設、家などに固有の住所があり、手紙や郵便物も問題なく家に届きます。

そんな日本での「当たり前」は、東ティモールでは通用しません(笑)

私も詳しくは分かっていませんが、海外などから送られてきた郵便物は、首都ディリにひとつだけある郵便局🏣に送られます。

そして各自がその郵便局に赴き、自分の荷物を受け取るようです。

 

今まで、私は3回東ティモールに行っていますが、なんと住所がないということに気づいたのは3回目に訪れた時でした!

2016年の夏に1ヶ月間、東ティモールでインターンとして働いたのですが、当時お世話になった現地事務所に遊びに行った時の話です。

1ヶ月間、毎日徒歩で通っていた事務所ですが、その事務所がある道の名前はティモール人の友達に教えてもらっていたので知っていました。

なのでいつものように、イエロータクシー🚕をつかまえて、👩🏻「◯◯に行きたいんだけど」と伝え、さらにダメ押しでインターン時の資料に書かれていた「住所」を運転手さんにみせます。

👨🏿「おっけー👌◯◯だね。」

といって、タクシーは走り出します。

大丈夫とは言われても、ここはやっぱり東ティモール。

タクシーの運転手さんでも、道に全然詳しくない人は溢れるほどいます(笑)

全然安心できないので、ドキドキしながら友達と車に揺られること15分ほど。

「ここだよ」と言ってタクシーが止まった場所は見たこともない通り。

👩🏻「え、絶対ここじゃないよ!△△っていう事務所に行きたいんだけど、知らない?」

👨🏿「いや、◯◯って言ったでしょ?ここが◯◯だよ。」

👩🏻「コーヒーの輸出してるオフィスなんだけど、知らない?」

 

この時点で運転手さんも混乱(笑)

私が英語まじりのテトゥン語で喋るため、多分あまり通じず…。

ラチがあかない。だからといって、全然知らない場所で降ろされても困る。

 

というわけで、結構な割合でティモール人が知っているランドマーク的なところに連れて行ってもらうことに。

そこから事務所までは、歩いて10分ほどなので諦めて歩くことにしました。

ランドマークの近くで降ろしてもらう時に、値段交渉が始まります。

👩🏻「いくら?」

👨🏿「10ドル(米ドルなので約1000円)だよ」

いくらなんでもぼったくり価格。

相当交渉してなんとか8ドルまでは下がりましたが、おっちゃん相当いかついし、殴りかかられても困るのでそこで断念。

普通なら3ドルほどの距離。

おっちゃん曰く一回言われた場所まで行って、さらにもう一回走ったからとのこと。

それにしても5ドルぐらいのもんでしょ!

 

おっちゃんも怒ってるけど、こっちも激怒(笑)

 

なんてことがありました。

そして次の日友達に聞いたら、住所がないということが判明しました(笑)

結局おっちゃんも正しかったし、私たちも正しかったという結果に。

とりあえず住所がないとタクシーに乗るのも大変🤦‍♂️

ランドマークなら簡単に行けても、人の家とか事務所とかは道案内するしか方法はなさそうです…。

どうやって生きてるんだティモール人…😂

 

というわけで、今日はティモールの困ったシステムについて紹介しました!

長文失礼しました(笑)

伝わるかな?(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中